読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIMでも、データ通信大容量タイプの値下げ イオンモバイル 音声通話プランでデータ通信月20GBが税抜4980円

follow us in feedly

なにわ節約道です。


高速で使えるデータ通信の容量が
月20GB「ギガモンスター」の
オプションが月額6000円!で
ソフトバンクモバイルインパク
トを与えてから、AU、ドコモも
同じ料金で追いかけました。ドコ
モは月50GB、100GBを家
族でシェアできる「ウルトラシェ
アパック」も選べるようになりま
した。


これらの発表は、格安SIMで月
20GB以上の大容量タイプで利
用しているかた、格安SIMで大
容量タイプのサービス提供してい
るMVNOにとっては衝撃が強か
ったと思われます。大容量タイプ
のデータ通信を使うのなら、大手
3社との差が少なくなり、格安S
IMよりも大手3社に流れるかも、
という可能性も大ありだからです。


そこで、ついにイオンモバイルは、
大容量のタイプの値下げに踏み切
りました。

 

f:id:naniwasetuyakudou:20160929231724p:plain


「大手キャリアの大容量プランの
料金で、イオンモバイルならさら
に20GB利用できます」


と、動画をガンガン見るなどで、
大容量の高速データ通信が必要な
かたには刺激的な言葉です。


ただ、大手キャリアの大容量プラ
ンと、イオンモバイルの音声通話
プランを単純に比較するのはちょ
っと乱暴な気もしますが。


どこがちょっと乱暴か?ですが、

 

イオンモバイルによると、10月
1日から、税別で、


音声20GBプラン

月額4980円

 

音声40GBプラン

月額7980円

 


そして、大手キャリアだと


音声定額

月額1700円

ネット接続

月額 300円

パケット20GB

月額6000円

 

合計で、

月額8000円


大手キャリアの月額8000円は、
イオンモバイルの音声40GBプ
ランと同水準のお値段です。


だから、イオンモバイルだとさら
に20GB利用できます。と言い
たいのでしょうが、


大手キャリアの音声定額1700
円は、1通話5分以内が何度でも
定額1700円で利用OK!


ということで、通話の部分は条件
が違うので、比較の仕方がちょっ
と乱暴に感じます。


ただ、なにわ節約道の予想ですが、
高速データ通信の大容量タイプを
選ぶかたは、通話アプリを使えば
いいや、と割り切って音声通話を
それほど使わないかたが多いよう
な気もします。


だから比較が乱暴といったところ
で、そんな問題にはならないと思
います。

 

今回のイオンモバイル値下げで、
なにわ節約道的に注目したいのは、
シェア音声プラン20GBです。


シェア音声プランは高速データ通
信4GBから設定されています。
が、10月1日からの値下げは、
20GB以上です。


20GBだと10月1日から税別


月額 6280円→5280円


と月に1000円も安くなります。


イオンモバイルのシェア音声プラ
ンは、

・音声通話SIM    1枚
・データ通信専用SIM 2枚     


が3枚セットになったデータ通信
を分け合うプランです。1枚は必
ず音声通話SIMとなります。


3枚セットと書いてしまいました
が、必ずしも3枚も発行しなくて
も良く、合計2枚、1枚のみでも
OKです。


シェア音声プランは、SIM1枚
につき3000円の初期費用がか
かります。音声通話SIM2枚に
すると、音声オプション代で毎月
700円アップとなります。


高速データ通信容量が20GBだ
と、3人で分け合って足らないと
いうかたは、かなりまれだと思い
ます。かなりぜいたくにデーター
通信を使えると思いますよ。


3人で20GBは余りにも多すぎ、
逆に少ない、となれば、料金プラ
ンの変更をすればいいのですし。


通信料の見直しするきっかけとし
て試してみるのはいかがでしょう
か。