読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年も再エネ賦課金が値上げ

follow us in feedly

なにわ節約道です。


1kwhあたり約17%値上げ


再生可能エネルギーで発電された
電気(ほとんどが太陽光発電)を
電力会社が買い取るために負担が
かかることとなった、再エネ賦課
金(再生可能エネルギー発電促進
賦課金)


の単価が、平成29年5月分から
値上げされます。


関西電力のサイトによると、従量
制供給の場合における、再エネ賦
課金ですが、


平成28年5月~平成29年4月

は、

1kwhあたり2円25銭でした。


それが、


平成29年5月~平成30年4月

は、

1kwhあたり2円64銭と、


1kwhあたり何と39銭、約1
7%も値上げです。


過去はどうだったか?


平成27年5月~平成28年4月


は、


1kwhあたり1円58銭でした。


なので、前年だと


1円58銭→2円25銭


と、約50%値上げでしたが、


それと比べると、今年は値上げの
割合が緩やかです。


以前に書いた記事です↓

naniwasetuyakudou.hatenablog.com


来年以降は再エネ賦課金が増えないことを期待


それでも、負担が大きくなってき
ている再エネ賦課金です。


来年以降はこれ以上増えないこと
を期待したいものです。


その一方で、電気の使用を節約す
ることにも目を向けましょう。