読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港国際空港~市街地間のアクセス

follow us in feedly

2017年2月5日更新


なにわ節約道です。


エアポートエクスプレスは高い!でも乗りました


香港国際空港に着いてからの移動
はどうしてますか?


なにわ節約道の感覚だと、エアポ
ートエクスプレスは高い!と普段
は避けるのですよ。空港から香港
駅まで片道100HKドルもする
のですよ。


1HKドル=15円として計算す
ると、片道1500円。やはり高
いわ、、、。


でも、2泊3日香港ドM旅では、
往復エアポートエクスプレスに乗
りましたよ!その理由をこれから
お伝えしますね。


メリットも多いエアポートエクスプレス。高くてもおすすめする条件


ちなみに、2泊3日香港ドM旅で
は、香港では宿泊していません。
空港から市街地へ日帰り往復しま
した。


さて、エアポートエクスプレスは、
高い!とさんざん言っていますが、
もちろんメリットもあります。


・空港直結で外にでなくても乗れ
 ます。バスやタクシーより歩か
 ずに乗れます。なので楽です。


はい、エアポートエクスプレスは、
一番条件のよいポジションを陣取
っています。


さらに空港駅は特別でして、改札
が無いのです。だからストレス無
く乗れます。


・10分毎に運行しており、乗っ
 てしまうと、香港駅まで(香港
 駅からだと空港まで)が24分
 です。


はい、時速130kmでしたっけ?
まあ速いのです。だから距離があ
っても早く着きます。


・全車自由席ですが、必ず座れま
 す。座れなかったら余程運が悪
 かったと思って下さい。


はい、やはり高いので乗らないか
たも多いです。それでも、10年
前と比べると乗ってるかたは多い
と思いますが、、、。満席には程
遠いです。


主なメリットは以上ですが、やは
り、なにわ節約道的には高い、、。


でも、以下の条件で利用するのな
らば、なにわ節約道はエアポート
エクスプレスをオススメします。


「空港から市街地を日帰り往復」


の場合です。


同じ日に空港から市街地(九龍、
香港駅)を往復する場合、片道の
お値段で往復できるのです。


オクトパス(ICOCAやSUI
CAみたいなもの)を利用であれ
ば、自動計算されます。


窓口で日帰り往復するチケットを
購入すると、片道のお値段で売っ
てくれます。


エアポートエクスプレスをおすすめする理由


なぜ、おすすめするかといいます
と、他の交通機関を利用した場合
のお値段と比較して説明しますね。

 

・バス&地下鉄
 
 空港から東涌駅まではバス利用
(4HKドルくらい)

 地下鉄は、東涌ー香港を利用
(25.5HKドル、オクトパス
 使用時は22.4HKドル)


で、だいたい片道30HKドルで
空港から市街地へ行けます。ただ
し、時間がかかります。1時間は
かかると思いましょう。


・バス

 A系統ーいわゆる空港バスです。
 香港島のメイン(中環、金鐘、
 湾仔など)へ行くルートだと、
 40HKドル前後です。


 E系統ー停留所が多くなります。
 なので時間がかかります。1時
 間以上かかると思っておきまし
 ょう。だいたい25HKドル前
 後です。


 N系統ー深夜便です。昼間と比
 べると便数は減り、設定されて
 いるルートも少ないですが、あ
 るだけましです。停留所は多か
 ったと思いますが贅沢言えませ
 ん。E系統よりも割高だったと
 思います。A系統と同じくらい
 のお値段だったかな?


・タクシー

 高い。250~300HKドル
 くらいで行けるのでは?なにわ
 節約道は利用する気になりませ
 ん(苦笑)。


空港から市街地まで出て、その日
のうちに空港へ戻る場合だと、動
ける時間に限りがあります。


エアポートエクスプレスで香港駅
まで往復しても片道の料金100
HKドルですよ。


他の方法だと、安くても往復する
と大体60~80HKドルになっ
てしまいますよね。エアポートエ
クスプレスの日帰り往復100H
Kドルとの差額は、時間をお金で
買うと考えても良い金額の差では
ないでしょうか?


と、なにわ節約道は考えてしまう
のです。


え、かなりシビアだって?


だからなにわ節約道なんです(笑)