読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2泊3日香港ドM旅 その3

follow us in feedly

2017年2月5日更新

 

なにわ節約道です。


インタウンチェックインで係のお姉さんに呆れられる


今回の香港どM旅は何といっても、
往復の飛行機での移動がメインで
すよね(笑)。


帰りは早いうちに、午前中にイン
タウンチェックインをしました。


エアポートエクスプレスの香港駅、
九龍駅で飛行機に乗る前のチェッ
クインができるのです。対応して
いない航空会社もありますが、今
回のエバー航空は対応しています。


チェックインできますか?と言っ
てeチケット番号が書かれた紙を
渡したのですが、係のお姉さんは、
予約の中身を見て呆れてましたね
(笑)。


え、香港に到着したばかりでしょ?


最終地は関西空港?今日は台北で
泊まるの?それも空港で??


と言われました(笑)


早めににチェックインすると、搭
乗時間までにゲートに行けばいい
し、荷物を預けて搭乗時間まで行
動できるので、負担が軽いのです
よね。あ、今回は預ける荷物なん
てなかったですけど(笑)。30
KGまで荷物を持ち込めるのに、
3kGも無いくらい身軽でしたか
ら。


でも、疲れてたので、出発2時間前には空港到着


結局、ぎりぎりに搭乗口に行くつ
もりだったのに、やはり疲れてい
たのでしょう。余裕をもって、出
発の2時間前には空港に着いてし
まいました。

 

 

f:id:naniwasetuyakudou:20161219192617j:plain

↑↑第2ターミナル側のホーム
からの撮影です。反対にもホー
ムがあり、ドアは両方開くので、
停車中は、第2ターミナル~電
車~第1ターミナル出発階と通
り抜けできます。

 

空港の許留山は2015年に閉店

 
さて、空港で許留山でマンゴーの
デザートを食べよう!と楽しみに
していたのですが、既に閉店、、。
2015年に空港のお店は撤退の
ようです。


残念。。。


疲れも出てるし、機内食も待って
るし(笑)、あっさりと出国手続
きをしました。

 

香港ではパスポートにスタンプが押されません


今回の出国では、入国のときと同
様にスタンプも押されず、出国を
証明する紙も発行されずでした。

 

入国のときは入国したというシー
ルが発行されます。パスポートに
貼るのはご自身でどうぞ、という
感じです。


出国手続きの際に入国時のシール
はパスポートに貼ってなくても何
も言われませんでした。

 

台北行に乗ります

 

搭乗口でしばらく待ったのち、搭
乗開始の時間がきました。

 

f:id:naniwasetuyakudou:20161219215413j:plain


台北行の飛行機もA321型と呼
ばれる、機内の通路が1本のタイ
プです。

 

f:id:naniwasetuyakudou:20161219220056j:plain

 

↑↑機内の様子です。

 


搭乗口を離れてから、離陸までの
時間が長かったですが、ようやく
離陸です。


台北ー香港のときと同様に、短距
離線ですが、機内食が出ます。


香港ー台北線の機内食です↓

 

f:id:naniwasetuyakudou:20161219220335j:plain


食べ終わると、もう台北は間近。

 

実際の飛行時間は1時間くらいだ
ったのでは?なのであっという間
です。

 

台北での野宿2泊目

 

台北に到着しても、次の便は翌朝
なので、行きと同じように、乗り
継ぎカウンター近くのイスに座っ
てると、スタッフが近寄り、行先
を聞かれましたね。


いや~、非常にまともなスタッフ
ですね。


どうも、セキュリティの理由で、
乗り継ぎの保安検査を受けて出発
階に行ってくれ、とのことでした。
台北ー関空の搭乗券もすでに持っ
ていたので、乗り継ぎカウンター
での手続きは不要なんですが、搭
乗口を確認してくれました。


当たり前と言えば、当たり前かも
しれませんが、親切ですね。

 

出発階に上がり、ベンチで寝たの
ですが、寝る前に飲み物が飲みた
くなったので、探してみると、お
店はもうどこも開いてなさそうだ
ったのですが、意外にも、自販機
があり、買うことができました。


あらかじめ台湾ドルの両替してい
て助かりました~。


500mlのペットボトルに入っ
たお茶が25台湾ドルでしたから、
割と日本に近い物価だなあ。と思
いました。でも空港価格かも?


野宿2泊目は、最初よりはぐっす
り眠れた気がします。


朝の5時過ぎになると、出発階に
もひとが増え始めたので、目が覚
めました。

 

お土産購入&機内食まで待てずに朝食を食べる


また出発階をうろうろし、せっか
くなので、パイナップルケーキを
買いました。ベタなお土産ですね。


お土産はカード払いにしました。
台湾ドルに両替した現金はたった
300台湾ドルなので、、、これ
ではお土産が買えなかった、、、
他に台湾ドルを使う予定が出来て
しまった、、、ので。


お土産を買った頃には、お腹が減
ってきました。大して動いてない
のにお腹が減るのですね(笑)。
機内食が待っているにもかかわら
ず、軽く食事をしてしまいました。

 

手持ちの台湾ドルと、後で機内食
を食べるので、お腹とも相談して、
、、、。バーガーキングで腹を持
たせました。

 

f:id:naniwasetuyakudou:20161219225217j:plain

ダブルフィッシュバーガー 105台湾ドルだったかな?↑


バーガーキングは第2ターミナル
出発階のフードコートにあります。


フードコート内には、トランジッ
トのかたが使えるシャワーが設置
されています。なんと無料。びっ
くりです。利用するまえに申し込
まないといけないそうですが。

 

関空行は大型機、USB端子付でスマホ充電できて便利


搭乗口への集合時間が近づいてき
ましたので向かいました。

 

f:id:naniwasetuyakudou:20161220234220j:plain


なんか搭乗するお客さんが多そう。
乗ってみると、大型機です。通路
が2本ある、B777-300型
です。ビジネスクラスにプレミア
ムエコノミークラスも設置された
タイプです。


エバー航空の台北発の関空行きは、
これより早い便(台北6時30分
発)もあったのですが、お値段が
安かったのがこの便。


大型機をできるだけ満席になるよ
うにするため、安いお値段にして
いたのかも。


今回のエバー航空で初の個人モニ
ターにあたりました。USB端子
もついてるので、スマホの充電も
出来て大助かりでした。スマホ
バッテリーがへたってきてるので、
かなり頻繁に充電してますから。

 

f:id:naniwasetuyakudou:20161220234605j:plain

USB端子に差し込んでスマホ充電↑


出発してしばらくすると、4回目
機内食です↓

 

f:id:naniwasetuyakudou:20161220235152j:plain

 

それにしても、我ながらよく食べ
ること(笑)。バーガーキング
食べた後なのに。


お昼頃に無事、関空に着きました。

 

お得だったが、くせの強いドMスケジュール。また利用するかも?(笑)


食事が4回も付いて、お値段はセ
ール価格以外のLCC並み。


さらに荷物は30KGまで持ち込
みしても追加料金なし!ですから
ね。


直前に取れたにしてはお得感が、
でも、このスケジュールで行くの
は、ほんとドMですね(笑)。


ただ、台湾桃園国際空港での野宿
が思いのほか快適、、、とまでは
言いませんが、ましでしたので、
もしかしたら、台北桃園空港内の
野宿を再びするかも?