読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再エネ賦課金が大幅にアップ

電気代
follow us in feedly

なにわ節約道です。

 

再エネ賦課金(再生可能エネルギ
ー発電促進賦課金)が平成28年
5月請求分から大幅にアップして
ます。。。

 

電力会社が販売する電気を使うと、
避けて通れない費用になるのです。

 

そして、毎年5月に価格の見直し
されるのですが、関西電力の発表
によると、従量電灯Aで、

 

平成27年5月~平成28年4月

 

最初の15kwhまで(以下、税込)

23.70円

 

15kwh~の1kwhあたり

1.58円


ところが、

 

平成28年5月~平成29年4月

 

最初の15kwhまで

33.75円

 

15kwh~の1kwhあたり

2.25円

 

え、約50%近くアップ!?

 

従量電灯Aの契約で、月に200
kwh使っているかたは、平成2
8年4月であれば、再エネ賦課金
は、

 

23.70+1.58×185

=316円


それが、平成28年5月からの1
年間の再エネ賦課金は、

 

33.75+2.25×185

=450円

 

前の月より、月134円も多く再
エネ賦課金を支払うことになるの
です。

 

それにしても、再エネ賦課金制度
が始まった平成24年は、従量電
灯Aで、

 

最初の15kwhまで

3.30円

 

15kwh~の1kwhあたり

0.22円

 

だったのですから、4年で約10
倍もの負担になるのですよ。。。

 

明細をごらんになって、負担する
金額を改めて把握してみましょう

 

そして、電気の使用量や他の項目
で節約するためのきっかけとしま
しょう!