読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナス金利 なにわ節約道の妄想と解釈

follow us in feedly

2016年2月2日作成

なにわ節約道です。

マイナス金利が実施されると聞
いて、真っ先に妄想しましたよ。

マイナス金利で私にお金を貸
してくれる銀行ってないかな?」

どうしようもない「あほ」です
よね。みなさんは見習わないよ
うにしましょう(笑)

いろいろな話を読んだりして何
となく、はい何となくの理解で
す。

メガバンクをはじめ日本の銀行
って日本銀行(日銀)に最低い
くら、といった金額を、日銀の
当座預金に預けなければいけな
いのですね。これが法定準備金
と呼ばれています。銀行全体と
なると、法定準備金も兆の単位
となり、結構どころかものすご
い金額です。

それが現在では銀行全体の法定
準備金の20倍以上が日銀に預
けられているそうです。それも、
全部ではなかったと思いますが
0.1%の金利が付くので、銀
行にとっては今や貴重な収益と
なっているようです。

今回のマイナス金利は、銀行が
日銀に預けているお金の一部に
0.1%の手数料を取る!とい
うお話です。

私の生活からは実感できないの
ですが、日銀は超金融緩和の政
策でお金の供給量をものすごく
過剰にしています。2013年
あたりからの株価上昇も日銀の
政策の影響が大と思われます。

そんな政策をとっているのに、
銀行は日銀に大量なお金を預け
てしまうと、お金の供給量をも
のすごく過剰にしているのに逆
に供給量が減ってしまう。

なので、銀行が日銀にお金を預
けるのを抑え目にしてもらって、
お金を供給、銀行の役割だと貸
し出しなどにまわしてもらって
お金の供給量を増やしてほしい、

そんな意味でのマイナス金利
と理解しています。

だから、私が銀行に預けている
お金にマイナス金利が付くなん
て思ってないですし、思いたく
ありません。

しかし、影響は出始めています。
銀行預金では預金金利を下げた
金融機関が出始めています。

また、これは銀行預金ではない
のですが、MMFという投資信
託が、運用会社によっては、投
資家からのお金を受入停止し始
めています。

MMFは預金感覚で利用できて、
元本保証ではないのですが、国
債などの債券で運用(のはず)
なので、元本割れを想定してい
ない(はず)投資信託です。

それが投資家からのお金を受入
停止とは、元本割れの心配があ
るのかも。国債金利が低下し
ているのでしょうか。

銀行が日銀に預けているお金を
どこに動かすか?やっぱり国債
購入を考えているのでしょうか。
日銀にお金を預けて0.1%の
金利を貴重な収益としていたく
らいですから、十分にあり得ま
す。

となると、国債金利が下がる
のでしょうね。


なにわ節約道的には預金金利
手数料に敏感になりつつも、預
金利をあてにせず(あてにで
きず)、節約にも磨きをかけ、
貯蓄にも磨きをかけ、投資にも
関心を持って、余力があれば、
投資もしてみることですね。

ただ、投資といっても、怪しい
投資が今までもいろいろありま
した。詐欺に近い、詐欺といえ
る投資もありました。理解でき
ない商品には近づかないように
してください。もし失敗したら
立ち直れない、ダメージの大き
い無謀な投資もやめましょう。